• 羊革
  • スエード
  • ムートン
  • コットン
  • フリース
  • ナイロン
  • 革製品の保存方法

手袋のお手入れ

羊革

薄く、やわらか。世界的に認められた優秀素材。

薄くやわらかな羊革は、衣類にも用いられるほか書籍の装丁にも使用されており、
その革の優秀性が世界的に認められています。

仔羊の革はラムと呼ばれ、高級靴、高級婦人手袋に多く用いられています。
"ラム"はキメが細かくしなやかで、生後6ヶ月以内の仔羊の革です。

お手入れにつきましては、ラベルの取り扱い絵表示をチェックして、正しい方法で行ってください。

お手入れについて

スエード

独自のやわらかな表面加工で、抜群のしなやかさ。

スエードとは、豚、牛、羊等の革の裏面を
サンドペーパーでベルベット状に起毛したなめし革のことです。

毛足が短く、ソフトなものほど上質とされ、靴や手袋、
ジャケットなどの衣類やデイパックのボトム素材としてよく使われます。

ホコリが入りやすく、革同様に雨に弱くシミになりやすい素材です。

お手入れについて

ムートン

ふわふわの肌触り+保湿力、吸湿性。弾力性は毛皮No1の実用性。

湿気を吸ったり吐いたりと、ムートンは自らの重量の15%の水分を吸収したり、分散放出しています。
これが年中サラリとした手触りの秘密です。

繊維にはスプリング状にウエーブがかかっており、豊かなクッション性と復元力があります。

水滴をはじくので、羊毛繊維は汚れが付きにくいのが特長です。
また難燃性にも優れています。

お手入れについて

コットン

ソフトな風合い、優しい肌触り。オールシーズン快適にお使いいただけます。

コットンは天然繊維の中でも肌触りや吸水性が良く、
取り扱いも容易なため、最も一般的に用いられている天然素材です。

手袋においても、コットン素材のものは
春夏用手袋の素材として幅広く用いられており、
洗濯が容易で、繰り返し使用可能です。

お手入れについて

フリース

しっとりやわらかな素材感、保温力、さらに自宅で選択もできる万能素材。

ポリエステルを起毛させた素材で、空気を多く蓄えるため、
濡れても保温力が低下せず、非常に軽く、暖かく出来ています。

また、繊維の水分吸収がなく、速乾性に優れており、洗濯機で洗え、
毛玉も起こりにくく、なにかと便利な素材です。肌触りも滑らかで柔らかです。

また、臭い等を良く引き込みますので衛生上もこまめに洗った方が良いでしょう。

お手入れについて

ナイロン

優秀素材のナイロンは、オールマイティ。

ナイロン素材は、
「柔らかい」「発色・加工性が良い」「磨耗に強い」という特徴を
いかして様々な分野で幅広く使用されています。

石油から作った樹脂を溶かした、合成繊維素材です。
軽くしわになりにくいという特徴に加えて、
染色性もよく、汚れも簡単に落とせます。

お手入れについて

羊革

型くずれしないように、中側に紙などの詰物をして、型をととのえます。
手入れの後よく乾かしてから、ビニール袋に入れ密封して置きます。
尚防湿、防虫剤などをご活用いただくと効果的です。
時には(梅雨時など)取り出して手入れをしてください。

▲PAGE TOP